社会福祉法人 津山みのり学園のブログ

岡山県津山市にある社会福祉法人津山みのり学園です。 「人と人が生涯にわたって支え合う」施設づくりをめざしています。

平成2841日より、障害者差別解消法が施行されており、障害のある方に対して『不当な差別的取り扱い』の禁止であったり、『合理的配慮の提供』が求められています。障害のある方は、社会生活上に介在するバリアーによって生活がしづらい場合があります。その生活のしづらさを少しでも軽減を図ったり、支援の必要な方が活用できるものとして『ヘルプマーク』や『ヘルプカード』があります。津山地域(津山市・鏡野町・久米南町・美咲町)の行政でも、足並みをそろえて、ヘルプカード・ヘルプマークの交付や周知をしていこうということで、実施に向けての当支援センターも各市町と協力をさせて頂いています。また、12月の障害者啓発週間の時期に合わせて、124日から津山地域の各行政の障害福祉課・保健福祉課の窓口にて、ヘルプカード・ヘルプマークの交付が始まっておりますので、ご相談をして頂けたらと思います。


RIMG0541

RIMG0553

※一枚目のチラシの左上にある津山地域自立支援協議会とは、津山地域の行政、教育、労働、医療、福祉の事業所などが協力をして障害のある方を支援していければということで、平成1810月から設置されている任意団体です。尚、つやま地域生活支援センターつばさが、設置当時から事務局を務めさせて頂いております。



先週24日(金)、社会福祉法人ももぞの学園「ももぞの育生園」より押目康浩施設長をお招きして、学園全体研修を行いました。職場でのメンタルヘルスをテーマに、アンガーマネジメントやストレス過多の解消方法など90分超にわたる熱い講義をしていただきました。ベテランの施設長の現場での経験にみんな熱心に耳を傾けていました。

 

今後も津山みのり学園では様々な研修活動を行っていく予定です。次回は、来年2月に職員による学園研究発表大会、産業医による感染症対策研修などを予定しています。その模様もまたお伝えします。


DSCF4973

寒さが本格的になってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

前回は男の子が遊んでいるものについて紹介しましたが、今回は女の子が余暇をどのように過ごしているのかについて紹介します!
女の子は男の子と違って何かで遊ぶというよりとにかく
お話が大好きです学校であったこと、クラスメイトのこと、TVのこと、好きなアイドルのこと、音楽のこと、たくさん話してくれています例えば、好きなアイドルがいるのはSMAPや嵐ではなく、Hey!Say!JUMPです。子供たちからどのアイドルがかっこいいのかとたくさん名前を聞きますが、一番の人気は山田涼介くんでしょうか。アイドルがどのような番組に出ているのか、どれだけかっこいいのかについて女の子同士でとても盛り上がっていますアイドルのみならず同級生で気になる人、好きな人のことを話している女の子はとても素敵で輝いていますね
春からサンライフみのり 従来型、ユニット型で実習を行っていた、美作高校3年生。全日程を1111日(土)に終了されました。
各担当のご利用者に対し、どのような取り組みを行おうか頭を悩ませながらでしたが、優しく心を込めて関わる中で、ご利用者との絆も生まれ、各自が立てたサービス計画を限られた時間ではありましたが、実施する事が出来、ご利用者の方々も喜ばれていました。最終日、多くのご利用者から「もう今日で最後なの?」「来てくれて良かった」との声が届きました。
来春にはそれぞれの縁ある場所へ旅立つ
3年生のみなさん。本当にお疲れ様でした。しんどい時もあるかも知れませんが、笑顔と優しさを忘れず、頑張って下さい。 

実習生

実習生2

実習生3

実習生4

1112日(日)秋晴れの中、みのり祭りが開催されました。

津山西中学校吹奏楽部の演奏でお祭りスタート。

500名以上の地域の方々に足を運んでもらい、例年より出店のコーナーも数が増えておなか一杯で満足してもらえたのではないでしょうか。

抽選会でも豪華景品で会場は大盛り上がりしました。

来年も今年の反省を活かして、皆様が楽しんでもらえるみのり祭りにしたいと思っております。

皆様、ありがとうございました。

すべての写真をご覧になるにはこちらをクリック


DSCF4874



ギャラリー
  • 「歌う坂本龍馬」松尾貴臣さんライブ!
  • 「歌う坂本龍馬」松尾貴臣さんライブ!
  • 平成30年度 辞令交付式
  • 平成30年度 辞令交付式
  • 平成30年度 辞令交付式
  • 平成30年度 辞令交付式
最新コメント
アクセスカウンター

    記事検索