社会福祉法人 津山みのり学園のブログ

岡山県津山市にある社会福祉法人津山みのり学園です。 「人と人が生涯にわたって支え合う」施設づくりをめざしています。

ライフみのりからのお便りです。今年は暖かくなるのが早いですね。その分、花粉の飛散も早まっているのでしょうか。ライフみのりでは、今年は今のところ、インフルエンザの流行もなく、みなさん元気に過ごされています。

今年は改元の年ですね。ライフみのりにとっても明るい年でありますように。

冬からの思い出、振り返ってみました。いろんなことがありましたよ。

皆さんで制作した、お雛様の備前焼、ライフみのり玄関に飾っています。
写真1

写真2

クリスマス会を行いました。おやつに豪華なショートケーキをいただきました写真3

年末、餅つきを頑張りました

写真4

写真5

写真6

とんどで、お飾りを焼きました。少し寒い一日でしたが、温かい気持ちになりました。

顔に炭も付けました。今年1年、風邪をひきませんように

写真7

出雲大社から鬼がやってきてくれました。「ワー」「キャー」と、楽しんだり、びっくりしたり

写真8

写真9

県内の事業所が作っている商品についての販売促進デザイン力向上セミナーが、ライフみのりを会場に行われました。近隣の事業所から多くの方が来られ、商品の販売や展示の仕方などについて、専門家から真剣に話を聞く事が出来ました。ライフみのりでも、利用者の皆さんが制作している備前焼について、バザーでの販売や展示の仕方など、アドバイスをいただきました。

写真10

外出での一コマです。イチゴ狩りに出かけたグループは、イチゴをいっぱい食べたようです

写真11

写真12

写真13

みなさんこんにちは。

今回はココロみのりのレクリエーション活動を一部お見せしたいと思います♪

毎月様々なレクリエーション活動を行っていますが、2月は豆まき、バレンタイン、おでん屋台、エステなど盛りだくさんでした!

豆まきは毎年恒例なのですが、出雲大社(分社)の鬼と巫女となりみのり学園を巡回してくださり、福を招いて鬼を追い出すというものです。新聞紙で作った豆を力いっぱい投げつける利用者の方もいれば、「また来たか~」と笑顔を見せる利用者さん、はたまた一目散に逃げていく利用者さんなど()色々な反応が見られました。

おでん屋台は美作短大の学生がボランティアで駆けつけて下さり、利用者さんは美味しいおでんやお酒、かわいい笑顔を満喫されていました

エステもおでん屋台を同時進行で行ったのですが、男性利用者の方は特に!若いお姉さんにメンテナンスしてもらいとても嬉しそうで、見ているこちらも笑顔をいただきました。皆さん五歳は若返ったのではないでしょうか?
エステ①

エステ②

エステ③

エステ④

エステ⑤

エステ⑥

 最後に1階なごみグループのレクリエーション活動として、バレンタインデーに因んでチョコフォンデュパーティーを開催しました。好きなだけチョコレートをつけ放題ですよ~!そりゃもう嬉しいに決まっています^^口の周りもチョコレートでコーティングされていました()

 もうすぐ年度末になりまた出会いと別れの季節がやって参りますが、みのり学園の職員一同これからも利用者さんやそのご家族の方たちと笑い合いながら過ごしていきたいと思います。みなさんも笑顔を充電しながら身体に気を付けて日々をお過ごしください。
バレンタイン①

バレンタイン②

バレンタイン③

バレンタイン④

バレンタイン⑤

こんにちは!小田中の児童発達支援事業所あゆみです。
少しずつ暖かさが増してきて、春が待ち遠しくなってきましたね。

 

今日は「絵本」の紹介をしたいと思います。

子どもたちと毎回いろんな絵本を読みますが、

その中のいくつかを今日はご紹介したいと思います。

 

1冊目はこちら。「ばけばけばけばけばけたくん」(大日本図書株式会社、文・絵 岩田明子)

おばけのばけたくんがいろんなものを食べて変身していく、

とってもユニークなお話です!

次は何に変身するのだろうと子どもたちもわくわくしながら見ています
写真1

2冊目は、「いちごパフェエレベーター」(株式会社教育画劇、作・絵 石崎なおこ)

表紙から思わず「かわいい!」と言ってしまうこの絵本。いちごパフェの中にあるエレベーター、どこで降りても美味しそうですよね

いちごやバナナ、アイスクリーム…

可愛らしい絵にお腹が空いてしまうかも…笑


写真2

3冊目は、「いちにちおもちゃ」(株式会社PHP研究所 作・ふくべあきひろ 絵・かわしまななえ)

 タイトルだけを見ると「一体どんな話だろう?」と思い、開いてみるとまさかの展開に驚きです!!大人も子どもも思わず大爆笑の1冊です!ほかにも「いちにちこんちゅう」「いちにちのりもの」「いちにちおばけ」などシリーズもたくさんです。

写真3

4冊目は、「まあちゃんのながいかみ」(福音館書店 作・たかどのほうこ)

髪の毛の短いまあちゃん、髪の毛をう~んと長くしたら、あんなこともこんなこともできるのよ!とたくさんのユニークなことを思いつくので、

思わず「なるほど~」と言いたくなっちゃいます😊

ほんわかとした絵にも癒されます。


写真4

5冊目は「だ~れのおうち?」(株式会社小学館 作 きむらゆういち) 

いろいろな動物のお家が出てくるのですが、その登場のしかけがとってもおもしろいです!

表紙のくまさんのように子どもたちも一緒にノックして楽しんでいます😊

「なんの動物がでてくるかな~」とクイズにしてわくわくしながら見ています。
写真5-1

みなさん、いかがでしたか?読んでみたい絵本はありましたか?

絵本は子どもだけでなく大人も一緒に楽しめます

ぜひ、読んでみてくださいね。





今回も学びの場がたくさんありました。少し紹介します。


・津山地域自立支援協議会相談支援部会の研修ということで、平成
301212日に、

日本原病院リハビリテーション課の言語聴覚士さん、理学療法士さんをお招きし、

「小児リハビリについて知りたい、学びたい、教えて言語聴覚士さん、理学療法士さん」の研修を開催しました。研修では、「日本原病院リハビリテーション課小児科外来について」や、「言語聴覚士とは」、「検査について」等のお話がありました。約30名の行政担当者や相談支援専門員が参加しました。


~研修の参加者より~
リハビリは、部位によりいろいろあるんだなと思った。今回、言語聴覚士さんの話を聞いて、気付かされることがあった。自分の思いを伝えることは大事なことである。思いを伝えるということは、私達でも難しいことがある。うまく伝えられないことで、大きくなってから突発的な行動にでることもある。幼い頃からSTのトレーニングを受けていれば、生きづらさが改善されていくのではないか。

早期療育って大切ですね


・津山地域障害者虐待防止研修会

「障害者虐待防止法について~養護者からの虐待対応について学ぶ~」

岡山南障がい者相談支援センター管理者兼相談支援専門員 村上眞先生をお招きし、講義をしていただきました。

支援者向けの研修で、約80名のいろいろな立場の方々が来てくださいました。

虐待がどんなところで起きるのか、なぜ起きるのか、どんなことが虐待になるのか、どう対応していくかなど、事例を交えながら詳しく説明してくださいました。この研修をきっかけに、今後の障害者虐待の予防と、その支援が深まっていけばいいと思います。当支援センターとしては、毎年、障害者虐待の研修をする予定です。


RIMG0725

皆さん、朗報です
秋口に収穫した各種サツマイモを皆さんは覚えておられるでしょうか?以前、みのりブログでも記事を掲載したアレです

三か月の貯蔵期間を経て、甘さを増した「サツマイモ」を皆さんにお届けしたいと思います
先週から園内限定で各事業所に安納芋の無人販売機をローテーションで設置しています。まだ「見てないよ!」という方はぜひ探してみてください。
30日からココロ職員玄関に設置予定です。数に限りがございますので、お早めに

DSCF9123

ギャラリー
  • ビニールハウス張替え
  • ビニールハウス張替え
  • ビニールハウス張替え
  • 新年度始まりました
  • 新年度始まりました
  • 新年度始まりました
最新コメント
アクセスカウンター

    記事検索